平成29年1月からの雇用保険制度の改正について

これまでは、65歳未満で雇用保険に加入していた人がその会社で65歳以上になった場合は、継続して雇用保険の適用を受けていましたが、65歳以上の人が新規に雇い入れられた場合には雇用保険に加入することはできませんでした。

平成29年1月1日からの雇用保険法の改正により、65歳以上の労働者者が新規に雇い入れられた場合でも、雇用保険に加入することができます。

さらに、平成31年度までは上記対象者には本人負担分及び会社負担分の雇用保険料が掛かりません。対象者がいる場合には、雇用保険の加入手続を忘れないようにしましょう。


労務のプロ 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 労務のプロ 経営ブログ 法務・知財へ にほんブログ村 経営ブログへ

About tamura

労務のプロの主任講師です。 大阪市内で、社会保険労務士事務所を開業し、実務にも精通しています。
この投稿のカテゴリー スタッフブログ. ブックマーク パーマリンク.