平成29年10月からの育児介護休業法の改正について

平成29年10月から育児介護休業法が次のように改正されます。

(改正前)育児休業期間は、原則として子が1歳に達するまで、保育所に入れない等の場合に、例外的に子が1 歳6か月に達するまで延長できる。

(改正後)1歳6か月に達した時点で、保育所に入れない等の場合に再度申出することにより、育児休業期間 を「最長2歳まで」延長できる。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/291001kaiseiri-fu.pdf

改正により育児休業が最長2年間取得できることになるのはいいことですが、キャリア形成の観点からは、休業が長期間に及ぶ ことが労働者本人にとって望ましくない場合もあり、会社のフォローも重要かと思います。そうした場合の企業向け助成金も用意されているので、活用を検討してはいかがでしょうか。


労務のプロ 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 労務のプロ 経営ブログ 法務・知財へ にほんブログ村 経営ブログへ

About tamura

労務のプロの主任講師です。 大阪市内で、社会保険労務士事務所を開業し、実務にも精通しています。
この投稿のカテゴリー スタッフブログ. ブックマーク パーマリンク.