平成30年度社会保険労務士試験

今年も8月26日に社会保険労務士試験が実施されました。問題を一通り解いてみたのですが、ここ数年と比べ、標準的か、あるいは、やや易しい内容であったような気がします。科目別には、一般常識が最も難易度が高かったのと、予想していた直近の法改正はあまり出ず、例年ほとんど問われない船員保険法から出題されたり、実務上の取扱いに関する問題が散見されたりと予想外の部分もありました。しかし、受験生にとっては通常のテキスト学習で充分に対応できるレベルであったと思われます。それにしても、択一式の問題冊子が61ページと問題が長文化しており、スタミナのいる試験でした。


労務のプロ 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ 労務のプロ 経営ブログ 法務・知財へ にほんブログ村 経営ブログへ

About tamura

労務のプロの主任講師です。 大阪市内で、社会保険労務士事務所を開業し、実務にも精通しています。
この投稿のカテゴリー スタッフブログ. ブックマーク パーマリンク.