1.年金給付(障害年金・遺族年金) (前半)
無料講座
Q:専業主婦である妻(49歳)が死亡し、夫である私(56歳)と子(17歳)が遺族として残された。遺族基礎年金は誰が受けることになるのか?
A:遺族基礎年金の受給権は、夫と子に発生し、実際に支給を受けるのは夫となる。年金額は、780,100円 (基本額) + 224,500円 (子の加算額)=1,004,600円 (平成27年度価額) である。

詳細講座では、
● 障害基礎年金の支給要件と支給額
● 障害厚生年金の支給要件と支給額
● 遺族基礎年金の支給要件と支給額
● 遺族厚生年金の支給要件と支給額
について学習します。

詳細講座目次
(前半)
1. 障害年金及び遺族年金の受給イメージ
2. 障害基礎年金
3. 障害厚生年金
(後半)
4. 遺族基礎年金
5. 遺族厚生年金

有料講座をご覧いただくにはログインが必要です。
ユーザー登録がまだの方は、ユーザー登録(無料)を行ってください。