1.標準報酬と標準賞与
無料講座
Q:ある社員の賃金が月給20万円(標準報酬月額20万円)であったところ、4月から23万円に昇給し、6月まで欠勤控除などはなく、実際に昇給後の賃金が支給された。この場合、標準報酬月額はどのように改定されるのか?
A:従前の標準報酬月額と比べ2等級以上の差が生じるため、随時改定の対象となり、標準報酬月額は、7月分から「23万円」に改定される。なお、この場合当年の定時決定は行われない。

詳細講座では、
● 標準報酬月額とは
● 標準報酬月額の決定方法(資格取得時の決定、定時決定、随時改定)
● 標準賞与とは
について学習します。

詳細講座目次
1.標準報酬月額とは
2.標準報酬月額の決定方法
 (1) 資格取得時の決定
 (2) 定時決定
 (3) 随時改定
3.標準賞与

法改正対応状況
 2017年(平成29年)2月対応
1.改正内容
①平成28年4月より、健康保険の標準報酬月額の等級区分に変更があり、それまで「47等級」であったものが、
上限額が引き上げられ3等級追加された結果、「50等級」に改定されています。
②標準賞与額の年度累計額が「540万円」から「573万円」に引き上げられました。
有料講座をご覧いただくにはログインが必要です。
ユーザー登録がまだの方は、ユーザー登録(無料)を行ってください。