4.傷病手当金・出産手当金等 (後半)
無料講座
Q:標準報酬月額が30万円である社員が病気療養のため6月1日から6月10日まで10日間休業(この間の賃金支払いなし)した場合、傷病手当金は、いくらもらえる?
A:休業4日目の6月4日から6月10日までの6日間が支給対象となり、傷病手当金の額は、1日分が、30万円÷30×2/3=6,667円となり、合計で6,667円×6日=40,002円となる。

※無料講座は前半と同じです。

詳細講座では、
● 傷病手当金
● 出産育児一時金及び家族出産育児一時金
● 出産手当金
● 埋葬料(費)及び家族埋葬料
について、学習します。

詳細講座目次
(前半)
1.傷病手当金
 (1)傷病手当金の支給要件
 (2)支給額
 (3)支給期間
 (4)資格喪失後の継続給付
 (5)他の給付との調整
(後半)
2.出産育児一時金、家族出産育児一時金
3.出産手当金
 (1)出産手当金の支給期間
 (2)出産手当金の額
 (3)資格喪失後の継続給付
4.埋葬料(費)、家族埋葬料
 (1)埋葬料(費)
 (2)家族埋葬料
 (3)資格喪失後の埋葬料(費)

改正情報
2017年2月対応
改正の内容
平成28年4月から傷病手当金の支給額の計算方法が改正されています。
改正前は支給開始時点の標準報酬月額に基づいて計算されていましたが、改正後は、直近12カ月間の平均の標準報酬月額に基づいて計算されることになりました。

有料講座をご覧いただくにはログインが必要です。
ユーザー登録がまだの方は、ユーザー登録(無料)を行ってください。